FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.09 (Sat)

幼稚な作り話

なんか急に物語をつくりたくなってきた......っハート
って事で、これからちょくちょくメイプルの物語書いていきます((*゚Д゚)ゞ
もちろん作り話なんだけどね...... .....^-^;;
では 始まり始まり~~
   
   ―――Maple Road 楓の道で―――   作者:カレー王女
   
楓が綺麗な秋のある日、ある島で子供が生まれた。その子は、愛と名づけられた。
愛は、素直で優しくて、島の人々に愛されながら育っていった―――。
それから13年の月日がたち――。


愛「お母さん、お母さん!!私ビクトリアアイランドに旅に出る!」
母『何、言ってるの?!あそこには強く、恐ろしいモンスターがいっぱいいるのよ!
                                    駄目にきまってるでしょ!!』
愛「あたし、何があっても大丈夫だって!!」
母『駄目ったら駄目!! 愛も13歳なんだから子供みたいなワガママ言わないの!』
愛「私、お母さんが反対しても絶対に行くからね!!
     ビクトリアアイランドに行って強くなったら天国にいるお父さんだって喜ぶはずよ!」

愛は外に飛び出した。
自分の気持ちを分かってくれない母に怒ったのだ。   
ただ走って、走って、走り続けていた。
――気がついたら、ブタ農場のすぐ近くまで来ていた。
愛「お母さんのバカ....っ。なんで私の気持ち分かってくれないの!?」
うっすらと涙が浮かんできた。

「大変だwwwwwwっ! ピグが町で大暴れしているぞwwwwww!!」
(えっ!?嘘!!?)
泣いていた愛はとっさに町にむかって走り出した。
そこには、次々と人を蹴飛ばしていくおおきなピグがいた――――。





今日はこの辺にしときます~~
★☆。.:*:・"゚★βyёヾ(⌒∇⌒)ノβyё★。.:*:・"☆★
スポンサーサイト
18:43  |  遊び  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●(^^;)

えっと、凪(類火)です。物語ですかぁ(*^_^*)、 これでも凪さんは一度だけ、  プロの小説家目指したんです!! まぁ3次選考で落ちましたが・・・・・ この物語についていろいろ突っ込むことがあるんですが、聞くより見て習って慣れろ!っていう感じで   一年ぶりに書いてみました。始まり始まり、                                                        即席の物語                               季節は夏を迎えた、エルナスの町の頭上には容赦なく光続ける太陽が浮かんでいる。しかしエルナスの大地にはまったく変化がなく山は雲を被ったように、大地は真新しい綿がしきつめられたように白く染まりきっている。                                                 こんなんが参考になればいいですが、書くのは初めてかな?それだったらかなり上手だよ♪、ガンバッテネww                       そういや前から気になってたんだけど、ポポcって王女の妹?なんか前にそんな話を聞いた覚えがあったような、
類火を改め 凪(なぎ)さんです! |  2009.05.10(日) 09:55 | URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kisaragirinka589.blog20.fc2.com/tb.php/28-cb8265db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。